第20回日月会建築賞審査会のお知らせ

今年も3年生の前期課題を対象に日月会建築賞審査会の季節となりました。
現役学生と卒業生が直接建築について語り合う、相互にとってきわめて意味のある交流の機会です。

今年はいよいよ20回目の開催となります。より開かれた審査のもと、多くの議論を期待しております。二次審査及び二次投票に至るまで、公開にて行います。日月会建築賞は、太陽賞、満月賞、三日月賞の各賞に加え、当日ご参加いただいく日月会会員の皆様の投票による、新月賞もございます。ぜひ積極的なご参加をお願い致します。

なお、審査終了後には懇親会も予定しております。審査会で十分に語ることができなかったさまざまな思いを交換し、日月会会員の皆様の交流の機会になれば幸いです。
(今年は会場が“天平”に変更となりました)

日時:2018年7月7日(土)
   13:00〜16:30 学生プレゼンテーション&質疑応答
   16:30〜17:00 第一次投票&集計 作品撤収
   17:00~19:20 第一次選考通過作品発表 公開審査&第二次投票
   19:30〜20:00 日月会建築賞表彰式(終了後、“天平”にて懇親会を予定しております)

会場:武蔵野美術大学8号館3階

審査委員長:田村恭意[28期]
副審査委員長:井口雄介[41期]
審査委員:井上搖子[11期]・福岡一郎[13期]・阪健吉[20期]
以上敬称略

日月会建築賞は「意欲的な学生を卒業生が支援する」目的で設けられました。学部3年生前期課題から学生の自薦によりエントリーされた作品を対象に、太陽賞・満月賞・三日月賞・新月賞という4つの賞と副賞として図書券が授与されます。各賞は幅広い世代からの審査委員による審査で選ばれますが、「新月賞」については当日参加いただいた日月会会員全員による投票で決定されます。
また、前年度受賞学生らによる「七夕賞」などのサプライズも企画されています。こちらもお楽しみに。

過去の日月会建築賞につきましては下記リンクからご覧ください。
日月会建築賞アーカイブページ
昨年2018年の第19回日月会建築賞報告記事

カテゴリー: NEWS, 日月会建築賞 パーマリンク