日月会シンポジウム第5回 開催のお知らせ

「日月シンポ(=進歩)」座談会
『学生時代に取り組んだ「課題」を通して』
本年2014年9月、武蔵野美術大学建築学科は創設50周年をむかえます。
日月会では、卒業生全員が経験した“課題”を通して50年という時代や思考の変 遷を解き明かし、建築学科のこれからを考える連続座談会を継続的に開催してい ます。今回はその第2弾、18期から27期までの卒業生の方をお招きします。
パネラー
加藤哲也(18期) 加藤哲也建築設計事務所主宰
酒向昇 (21期) 竹中工務店勤務
田宮晃志(24期) ブラウ・トラウム・アーキテクツ主宰
林英理子(27期) リュースニングランドスケープ主宰

司会進行
小倉康正(18期) 武蔵野美術大学非常勤講師

日時:2014年4月26日(土)15:00~18:00
(開場14:30)
   (終了後、懇親会を行います)

場所:武蔵野美術大学建築学科研究室内

symposium-5

カテゴリー: NEWS パーマリンク