第14回日月会賞 報告

開催日:

2012年7月7日(土)

審査員:

審査委員長/小泉一斉(29期)
審査員/小林祺長(2期)、清水達也(18期)、向田良文(22期)、千葉万由子(31期)、船曳桜子(32期)、内海聡(34期)、北嶋勇佑(45期)

エントリ課題:
グラフィックでつながる都市の複合施設/菊地スタジオ
1-グラデーショナル 2-JR中央ラインモール計画/高橋スタジオ
神楽坂プロジェクト/長尾スタジオ
Design with Nature/宮下スタジオ

エントリ作品数:
27作品

日月会建築賞 受賞結果:

太陽賞
柳川藍子、藩セイエン、内山栞、篠田咲和子/宮下スタジオ
「Bambrella」

[作品の主旨]
「自然との対話とは?」
そう考えた時、私たちは共通の思い出に気づきその中に解決の鍵を見出した。
光、風、雨、音・・・そういった物を自然というのなら、それらとの会話はまず彼らを意識しなければ始まらない。ごく自然に受け流している彼らをより強く認識させる装置としてこの「BAMBRELLA(バンブレラ)」は作られた。
BAMBRELLAは多様な空間構成を行うことが出来る。数を増やして行くことで複数が入れる囲まれた空間を作ることも、光を反射させて人目を集めることも出来る。自然との対話をする場所であると同時に人々の交わる場所にもなりうる。そしてその空間は思いのままに移動させることが出来るのだ。

自然と同じ様に様々に変化しながらBAMBRELLAは人と自然とを結びつける。

素材についてですが自然素材のみという条件があったので竹、麻布、縫い糸、麻縄のみで構成しています。審査の際素材選びに関してなんらかの物議があったようですが、私たちが竹という素材に決めたのは「学校にあったから」などという理由では決してなく、傘の形を作る時、どうしてもカーブを描くしなる素材が必要だったからです。そしてある程度短くても曲がり、尚かつ強度のあるものが好ましかったので結果、竹を使うことになりました。

[受賞後の感想]
グループ制作ということで全員の意見をまとめるのはとても大変でした。妥協するのではなくそれぞれの意見が上手くいかせる方法を追求し、そうして生まれた「BAMBRELLA」でしたが、日月会賞という場で更に多くの方からの意見を聞く事ができ、自分たちの甘さや改善点を発見する事ができました。

悔しい思いもしましたがその言葉をバネに精進していこうと思います。

エスキスや素材を決める段階で、課題の「自然との対話」というテーマの捉え方がなかなか案に繋げられずにとても悩みました。遊びだけにならず、けれど楽しさや魅力がないと人に受け入れてもらえない、そういった面をメンバーで話し合っていき、結果的に他人に興味を持ってもらえるものができたと感じています。

また、グループでの話し合いとともに審査員の方々への説明やプレゼンも、こちらの考えを伝えることの難しさに苦戦しました。プレゼンの話し方ひとつで作品の印象も大きく違ってしまうこと。また作品に興味を示してくれていない方へのプレゼンなどまだまだ考えるべきことがあり、よい経験になりました。

課題を行う過程で、様々なアクシデントなどに見舞われどうなる事かと思いましだが、四人で最後まで作品を作り上げ、このような賞をいただきとても嬉しく思います。この課題が更なるステップアップに繋がるよう努力したいです。






満月賞
若林由理、荒井瑛里香、藤村駿斗/高橋スタジオ
「たなぼこ」

[作品の主旨]
国立市に新たな交流の拠点を提案する。国立市には現在多くの市民サークルが存在しているが、その活動が内部での活動にとどまってしまっている。サークル活動を地域に発信し、お互いが交流していける新たな場を設けることで、高架下という空間の有効利用、地域の活性化、高架によって分断されてしまった国立市の南北のつながりを取り戻す。多様なイベントスペースを、高さや面積の違うプレートでつくり出す。そこに、老若男女に親しまれている本という媒体を入れていくことによって利用者が本からイベントへ、イベントから本へ、そして人から人へと出会っていけるような空間を提案する。

[受賞後の感想]
今回の講評では、さまざまな意見をいただき、いままで気づかなかった部分や、足りないものに気づくことができ、とても刺激になり、参考になりました。今回の経験を糧とし、今後も精進していきたいと思います。ありがとうございました。

三日月賞
深澤理絵子/長尾スタジオ
「芸者とおり」

[作品の主旨]
神楽坂は昔の料亭や路地の残る歴史ある街である。 この土地に商業と住居の複合施設を設計した。 敷地は神楽坂のメインストリートである神楽坂通りと路地にあたる芸者新道に挟まれた土 地である。 しかし、芸者新道は二項道路となっているため、新しく建てる場合はセットバックして建 てなければいけない。 その影響により神楽坂の特徴である狭く趣のある路地空間は失われ始めている。 そこで、幅一間の路地空間を建築に取り込んだ。

[受賞後の感想]
たくさんの先輩方に作品を見ていただき、講評を受けることができたということはとて も良い経験になりました。何回もプレゼンテーションしていくうちに自分の弱い部分、足 りないものが見えてきました。 今回の経験を生かし、前進できるよう日々精進していきたいと思います。 このような貴重な機会を設けていただきありがとうございました。



新月賞
石川あかね/菊地スタジオ
「表/裏」

[作品の主旨]
敷地が様々な角度から人に見られる場所だったので、どこから使っても誰が使っても表と裏を自由に決めることができる空間を考えました。駅側から見ても反対側から見ても同じ割り付けになっており、横長の格子で区切られたコマの中に室内の風景が切り取られ、人が内部を利用することでいろいろな風景が生まれるような関係をもたせ、人がいることで作られるグラフィックを計画しました。

[受賞後の感想]
たくさんの方に何度もプレゼンをしていくうちにどんなことをどのように説明すれば伝わるか、について考えることができました。課題とは違う視点で見ていただけたり、作品に対してたくさんの意見を頂けとても勉強になりました。実際に働いている人たちから見て、自分の考え方や空間の作り方はどんなふうに見えるのかを聞くことができてこれから課題にどうやって向き合っていくかをよく考えられるいい機会になり、自分にとってとてもいい経験になったと思います。後期課題では今回頂いたアドバイスを生かして、たのしく課題に取り組めたら、と思っています。



第14回日月会建築賞 審査委員長講評
審査委員長:小泉一斉(29期)

■ 太陽賞 柳川藍子、藩セイエン、内山栞 、篠田咲和子 「Bambrella」
建築的行為は、意図せずとも「空間」なるものを創造してしまう。「原寸の空間をつくれ」という課題に対して、では一体どのような回答を用意できるだろうか。「空間」は、いとも容易く成立してしまうのに、その方法は無限であり、不可視で、言語の外側にある。
この作品は、複数の竹フレームの傘(自然素材を使用することも課題条件にある)の立体的な構成のヴァリエーションによって、多様な「空間」を生むものである。
私たちは、誰でも幼き日に複数の傘を開いて重ねて出来上がったドーム状の内部に身をひそめた経験を持つだろう。母体回帰、秘密基地・・・幼少の記憶のフラッシュバック、つまり私たちは、この作品を通じて「空間」の原初的な記憶を共有する。

■ 満月賞 若林由理、荒井瑛里香、藤村駿斗 「たなぼこ」
柄谷行人は、近代文学における言文一致を「透明」と表現したが、これに対し「グラデーショナル」という課題は、言語化されたことによってこぼれ落ちた「何か」をすくいあげる、あるいは言語化されることで分節された境界を疑うことに光をあてたものといえる。続く後半課題は、JR中央線高架下の計画であるが、線路という境界線下の、結果として出来てしまった空洞の有効活用は、やはり「グラデーショナル」の具体的で実践的な応用であると捉えるべきであろう。
この作品では、様々な高さ、大きさのスラブ(棚)が高架によって分断された地域をつなぎ、日常、非日常の多様なシーンに対応する地域交流の場を計画している。

この課題が「グラデーショナル」の発展的実践ならば、計画自体やや言語的に過ぎるかもしれないが、俯瞰的な視点(図像的なフレーム)において全体を計画する一方で、これを活用する地域住民に対して出来るだけ寄り添おうとしている(貸し出し式の書架による全体の統合とその使用方法)手法は、秀逸である。この横断的な思考は、「こう使いなさい」と「勝手に使いなさい」をうまく回避している。

■ 三日月賞 深澤理絵子 「芸者とおり」
課題は、路地景観保全のために多くの制限が加えられている神楽坂の敷地に、商と住の複合建築を計画するものである。
この作品は、敷地内に適度に蛇行した路地を通し、結果生じる計画建築を分断して亀裂を生む屋外空間と、これに面する内部空間が相互に関係を結ぶ計画である。
都心の路地は、もはやビルの亀裂の谷の底にある。ここでは、神楽坂ならではのプロポーションを維持しながら、路地を立体的なヴォイドとして再定義している。それは、都市のコンテクストを読み込みながら批評的でもあり、同時に、具体的な計画に対し愚直にスタディを積み重ねた結果といえる。

■ 新月賞 石川あかね 「表/裏」
「グラフィックでつながる都市の複合施設」という課題に対して、この作品は、課題で要求されているものを満たしているとは思えない。ガラスファサード越しの内部空間のシークエンスをグラフィックと呼ぶには無理があるのではないか。
しかし、他の作品の多くが建築ファサードの複雑な扱いに着目していたのに対し、この作品は、徹底してガラス越しの内部を彩ろうとする。事実端正につくり込まれた内部を持つ模型は、見る者を楽しませてくれる。
建築は難しくないよ、と教えてくれる一方で、けれどしかし、建築の多様性について学んでも欲しい、という意味での新月賞。

総評
昔、「絶対」なるものさしがあった。家族であれば、お父さんがそういう存在だった。お父さんが決めたことに家族は従ったし、それが「正解」だった。だからみんなが従うこのものさしを「共有すべき価値」と言った。けれどいつしか、誰かが「唯一の正解なんて本当なの?」と疑って、多様な「価値」を認める様々なものさしをつくることにした。これを「相対化」という。お父さんは、家族の「絶対」なるものさしではなくなって、家の中でもあんまりえばれなくなって、それどころか娘にパンツを箸でつままれたり、逆に「お父さん大好き!」などと娘に腕組みされてにやにやしてしまうのである。お父さんの受難は、当然お父さんだけのことではなくて、世の中のありとあらゆる絶対なるものに及んだ。かつて「絶対」なるものさしに従っていた私たちは、多様でたくさんのものさしの中から自分にとって価値あるものを見つければよくなったので、とても自由になった。けれど、他の人と価値を共有することが難しくなってしまった。

これは寓話ではなく、事実である。
課題は、問題を提起してくれるが正解を導いてはくれない。建築計画学的に緻密で図面精度の高い作品が評価されるとは限らないし、個人的な嗜好作品が共感を呼ぶこともある。個々の審査員の価値の基準は多様で、それ故多くの作品が賞の候補に挙げられるし(事実挙げられたし)、票も割れるのである。
受賞者は、賞を糧にしてもらえれば幸いである。惜しくも賞を逃した人は、自身の作品について、あえて決断主義的に価値と認めたものについて、自覚的であってほしい。それが極めて個人的な価値であったとしても、これを徹底していく行為が、超越に転ずる(かもしれない)のである。
それは、太陽賞「Bambrella」が、傘による空間表現を徹底したことによって、「共有すべき価値」としてではなく、「誰もが経験したことのある記憶の共有」という点で共感を得たように、である。

*審査委員長「講評文outsaide」では、受賞作品以外のノミネート作品について講評をいただいています。
こちらもぜひご覧ください。

審査の様子のブログはコチラです。

カテゴリー: NEWS, 日月会建築賞 タグ: , パーマリンク