第8回 竹山実賞 作品募集のお知らせ

「武蔵野美術大学建築学科 竹山実賞」の趣旨

本学名誉教授、竹山実先生の御意志のもと、先生より御芳志を賜り、武蔵野美術大学造形学部建築学科では、本年度も「武蔵野美術大学建築学科 竹山実賞」を実施する運びとなりました。本賞は本学建築学科卒業生および大学院建築コース修了生の優れた建築作品に対し、先生ご自身の選定により、授与される賞です。

先生は、本学建築学科創設当時より、継続して40年にわたり建築教育を支えてこられましたが、2004年3月に退任、名誉教授になられました。40年前専任教員に就任された当時から、学生の指導にあたられながら新鋭の建築家としてめざましく活躍され、都市の文脈に新たな刺激を与える作品群を世に問い、いまも活躍されています。一番館、二番館、晴海客船ターミナル、横浜市北部斎場などなど、それぞれの立地にかなう建築のあり方は、教えを受けた卒業生にとっても、オリジナリティ溢れる貴重な作品群です。
建築の新たな世界を開く設計を、教育の場でも問われた先生にふさわしい賞として、「武蔵野美術大学建築学科 竹山実賞」が、将来の可能性ある受賞者を世に送りつづけることを願っています。

武蔵野美術大学造形学部 建築学科主任 高橋 晶子
武蔵野美術大学建築学科同窓会 日月会会長 更田 邦彦
武蔵野美術大学校友会  校友会会長 中島 信也

★応募詳細は下記の募集フライヤーをご参照ください。
竹山賞チラシ表
竹山賞チラシ裏

カテゴリー: NEWS パーマリンク