日月会 ホーム・カミング・デイ 第2回 開催のお知らせ

ホーム・カミング・デイが去年から復活しました!

日月会では、芸術祭期間中に会員の皆さんと在校生の皆さんが気軽に母校に集まれる機会「ホーム・カミング・デイ」を去年から復活いたしました。
多くの会員の皆さまにお集まりいただき、楽しい交流の場にしたいと考えております。
復活企画として、第1部が日月会会員によるシンポジウム「日月進歩」、第2部が懇親会となっております。
是非とも、皆さまのお越しをお待ちしています。

日 時:2011 年10 月29 日(土)13:30-16:30(13:00 開場)

  日月会シンポジウム第2回
    「技術の継承と創造 建築学科創設50周年に向けて」

    ※ 申込、入場料不要です。お気軽にお立寄り下さい。
      シンポジウム終了後、懇親会も予定しております。

場 所:武蔵野美術大学建築学科研究室内
    東京都小平市小川町1-736  Tel 042-342-6067

~シンポジウムパネラー紹介~
伊坂道子(9期)伊坂デザイン工房 
木岡敏雄(15期)竹林舎建築研究所 
七田紹匡(21期)自給自足家 
田邊寛子(31期)まちひとこと総合計画室 
小倉康正(18期・司会進行)武蔵野美術大学建築学科講師

イベントのチラシはこちらです

★シンポジウム「日月進歩」 開催趣旨
 日月会では、建築学科創設50周年にあたる2014年(あるいは2015年)に向けてその方向性を探るべく、建築学科OB数名によるシンポジウムを昨年度より開催しています。シンポジウムの内容は、執行部内からご依頼したOB4〜5名の方々に、それぞれの活動内容について各自プレゼンしていただき、その後全員で「OB展」などのイベントを具体的にどのように企画構成していくかなどについてディスカッションしていただいております。ムサビ建築学科出身者の一つの特徴として、その活動分野が非常に多岐にわたっていることが挙げられますが、毎回のシンポジウムのパネラーの皆様についても、建築設計以外の多様な分野で活躍されている方々を中心に、また卒業年度のバランスを考慮してコーディネートしていく予定です。そのことで、日月会会員相互のネットワークの輪を広げ、また現在の建築学科研究室や現役学生達との情報交換の場となることを期待しています。

カテゴリー: NEWS パーマリンク