ホーム・カミング・デイ復活企画>日月会シンポジウム第1 回開催のお知らせ

ホーム・カミング・デイ復活企画!!
日月シンポ(進歩)  日月会シンポジウム 第1回
「2014-2015 建築学科創設50周年に向けて」

~ ホーム・カミング・デイが復活します!!
この度日月会では芸術祭期間中に、会員の皆さんと在校生の皆さんが気軽に母校に集まれる機会「ホーム・カミング・デイ」を復活することにしました。
多くの会員の皆さまにお集まりいただき、楽しい交流の場にしたいと考えております。
復活企画として、第1部が日月会シンポジウム(日月シンポ)、第2部が懇親会となっております。是非とも、皆さまのお越しをお待ちしています。

日 時:2010 年10 月30 日(土) 13:30-16:00(13:00 開場)
    シンポジウム終了後、懇親会を予定しております。

場 所:武蔵野美術大学建築学科研究室内
    東京都小平市小川町1-736  Tel 042-342-6067

~パネラー紹介~
 真壁智治
  (2期)プロジェクトプランナー
 串山久美子
  (15 期)メディア・アーティスト、首都大学東京 システムデザイン学部教授
 笹口数
  (20期)造形作家 
 竹中司
  (28期)デザイン・エンジニア 
 小倉康正(司会進行)
  (18期)武蔵野美術大学建築学科講師


★日月シンポ(進歩) 開催趣旨
武蔵野美術大学造形学部建築学科は4年後(2014-2015)に創立50周年となる。
すでに3000名を超える卒業生達は常に社会の先駆者として建築のみならず、様々なフィールドで表現活動を展開している。
50周年の区切りのイベントとして建築学科及び日月会の共同主催による<作品展2014>を開催したい。そしてその作品展への準備段階として<OBシンポジウム>を毎年1回、定期開催する。
その時期は芸術祭期間中に行われるホーム・カミング・デイに合わせる。
多方面で活躍するOBOG数名を毎回招待して、各自の活動内容の発表及び作品展2014へ向けての座談会をおこなう。


シンポジウムのフライヤーはこちらです。

カテゴリー: NEWS パーマリンク